トップ スタッフ こだわりメニュー 他との違い 喜びの声 お店の行き方
オススメ生産者へ質問食品の選び方サイトマップリンク



あなたの子どもにその食品を食べさせたいんですか?(食品の選び方はこちら!
毎日ワイワイ!仲良く家族でお店をやってます!(自慢の家族スタッフはこちら!
 健康ブームによって、サプリメントや自然食品の中でも、オーガニック商品を扱うお店が増えてきています。でも、オーガニックならどれでも一緒なんでしょうか?


【生産者へ質問】

あなたに自信を持って食べてもらえるように、店主自ら畑に伺いました。

畑と生産者の生の声は
ココをクリック!



木村國廣って誰?

当店自慢のスタッフ
プロフィールを掲載!

興味のある方は
ココをクリック!


喜びの声がやる氣と
生きがいになっています!


”生”の喜びの声は

ココをクリック!



ただの無農薬・無化学
肥料だけじゃない!


生産者からこだわった
真心の詰まったお惣菜!

興味のある方は
ココをクリック!




喜びの声の一例を少しだけご紹介!


他の喜びの声を読むにはココをクリック!


 島田 美智子様

 年齢を重ねていくと自分の体の健康を考えるようになります。健康食品といわれるものや体に良いといわれるものを選んで食べています。しかし、今までいろんなものを食べたり、飲んだりしてきましたが、体が喜ぶような感覚を得たのは、初めてです。寿命が延びたような感じがして、とてもうれしくなりました。本当に感謝しています。ありがとうございます。

 塚本様

 小さい頃から、こんにゃくが喉に引っ掛かって食べるのに苦労してたのですが、そちらで購入したオーガニックこんにゃくは、とても食べ易く喉をスルっと通りました。一番驚いたことは、市販のこんにゃくは、封を開けた時に、独特の薬のような臭いがするのですが、その臭いが全くしませんでした。本当に美味しく食べられました。こんな経験は初めてなのです。是非また購入させていただきます。

 小畠様

 家で食事するときは、ほとんどオーガニックのものを使うのですが、外食になると本当に食べるものがなくって困っていました。なるべく「健康」や「安全」と書いてあるお弁当を選んで買うのですが、舌が痺れるなど体が勝手に反応してしまいます。でも、木村さんのお店で食べさせていただいたお弁当は、全く舌が痺れませんでした。本当に感動しました。これで外食も怖くありません!ありがとうございまます。


他の喜びの声を読むにはココをクリック!



食品の選び方!

ちょっとの心がけが
家族を救う!

安全で健康な食品選び

興味のある方は
ココをクリック!


自信を持ってオススメ!

あなたにも出会って欲しい
人、店、食べ物、本

すべての原点は
ココをクリック!



有機野菜、無農薬・
無化学肥料の
こだわり惣菜!


創業42年の昔ながら
京都のお袋の味

こだわりメニューは
ココをクリック!



お店への行き方
お問い合わせ先は

ココをクリック!


ただのオーガニック惣菜じゃない!こだわり抜いた他とは違う5つ秘密


新鮮、安全だけじゃない!”心”までこだわったオーガニック野菜!


 「朝一で収穫された!直送野菜」「収穫したままでお届け!土付き野菜」「私たちが作りました!生産者の氏名や写真が記載されている野菜」など、新鮮さ安全性を売りにしている野菜が増えてきました。


 消費者にとって、新鮮さ安全性はともて大切な部分です。


 私たちも、新鮮さ安全性を大切にしています。でも、さらに大切にしていることがあります。有機野菜の質を決める、とっても重要な部分です。


 重要な部分とは、生産者の”心”です。


 同じ場所、同じ水、同じ種で作られた野菜でも、「生産者がどのような気持ちで野菜を作っているのか」が、有機野菜の味や、野菜がもつパワーまでも変えてしまうんです。


 家で育てている観葉植物でも、「ありがとう」と声をかけて育てると成長速度が早くなったり、寿命が長くなったりするという話を聞いたことないですか?


 私たちは、生産者の”心”を大切にするため、直接畑に行って話をさせていただいています。そして、「この人が作った野菜を食べてもらいたい!」と思える生産者の方々とお取引させていただいております。


 私たちが、こだわった生産者の”心”は、こちら!


生産者のこだわり!動物性肥料も使わない有機野菜!

 八百屋さんやスーパーなど市販で売られている野菜の値札やラベルに表示されている有機野菜、減農薬野菜、無農薬野菜などの本当の意味をご存知ですか?


有機
有機野菜
オーガニック野菜
化学合成農薬、化学肥料とも一定期間(果樹などは収穫前3年以上、それ以外は栽培を開始する2年前以上)使用できない。天然系農薬や天然系肥料(有機肥料)および天然系の土壌改良資材は使用が許されている。
無農薬
無農薬野菜
化学合成農薬、天然系農薬も使うことはできない。ただし、使用できないのは栽培している期間だけ
減農薬
減農薬野菜
栽培期間中に、化学合成農薬の使用回数(使用量は関係ない)を、通常の半分以下に減らしている。
減化学肥料 栽培期間中に、化学肥料の使用量(使用回数は関係ない)を、通常の半分以下に減らしている。
有機無農薬 法律でもガイドラインでも定められていない用語。定義なし。
有機100%肥料
減農薬全有機
肥料栽培
完全無農薬
低農薬
省農薬
清浄野菜 生で食べられることが条件で、人肥を使わず、化学肥料を使った野菜
健康野菜
安心野菜
ナチュラル
自然
天然
単なるキャッチフレーズ。特別な基準はない。
(新食品表示ハンドブック  垣田達哉著より)


 私たちは、有機野菜を使用した惣菜と、無農薬・無化学肥料の野菜を使用した惣菜を区別している理由には、他にあります


 有機野菜は、上記書かれたとおりの条件で栽培された野菜です。無農薬無科学肥料の野菜は、さらに化学合成農薬も天然農薬を使用せず、植物性の有機肥料のみを使用した野菜です。


有機野菜 化学合成農薬、化学肥料とも一定期間(果樹などは収穫前3年以上、それ以外は栽培を開始する2年前以上)使用できない。天然系農薬や天然系肥料(有機肥料)および天然系の土壌改良資材は使用が許されている野菜。
無農薬・無化学肥料野菜 化学合成農薬、化学肥料とも一定期間(果樹などは収穫前3年以上、それ以外は栽培を開始する2年前以上)使用できない。天然農薬と有機肥料の中でも動物性肥料を使用していない野菜。
当店での表示の違い


 つまり、当店の無農薬・無化学肥料の野菜は、有機野菜ということです。しかし、有機野菜の中でも、天然農薬、動物性肥料を使用していない野菜だということを区別するために表示方法を変えております。

※有機肥料とは、有機質すなわち動物質および植物質の肥料。緑肥・堆肥・腐葉や動物の糞・死体など。



「オーガニック=健康」 本当にいいんですか?

 健康ブームによって、有機野菜やオーガニック調味料などのオーガニック食品が以前よりも手に入りやすくなりました。


 しかし、オーガニック調味料など、まだまだ種類の少ないオーガニック食品が多いのが現状です。「オーガニックって表示があるから買ってはいるけど、あまり美味しくないなぁ・・・」ということも少なくありません。


 「オーガニック食品=健康」ということで、美味しさを二の次に考えていませんか?


 「オーガニック食品の中でも、本当に美味しいと思えるものを食べていただきたい!」というのが、私たちの望みです。


 オーガニック調味料に関しても、同じものを使い続けるのではなく、より美味しいと感じたものに変更しています。


 「オーガニック=健康」というイメージだけを主張するのではなく、味にもこだわり続ける惣菜店でありたいと考えております。



ベジタリアン生活で再確認!化学調味料を一切使いません!

 7年程前、私たちの食卓には、醤油、ソース、化学調味料がいつも並んで置いてありました。


 でも、いまでは化学調味料を見ることはできなくなりました。たまにスーパーで売られているのを見るぐらで殆ど目にすることがありません。


 ドイツ留学中に、オーガニック野菜を作られている農家へ、住み込みのお手伝いをさせていただいたことがあります。その時、初めてベジタリアン(菜食主義)生活を経験することができました。


 3ヶ月間の貴重なベジタリアン生活を終え、久々に外食がしたくなり、友人とフランクフルトの中央駅近くの中華料理店で食事をすることにしました。


 チャーハン、焼そばなど美味しそうな料理が運ばれ、喜んで食べていると、突然舌がピリピリと痺れるのを感じました。最後まで食べれなくなり、友人に食べてもらいました。


その話をお世話になった農家の方へすると、「化学調味料の影響だろうね」と教えていただきました。


 3ヶ月間、化学調味料を一切口にしていなかったので、久々に食べた外食に入っていた化学調味料が舌を刺激したということらしいです。


 日本で生活しているときも、化学調味料が苦手なので使用することはありませんでした。でも、外食してしまうと、大抵のお店では化学調味料が使用されています。舌が慣れてしまい、刺激を感じることはありませんでした。


 それ以来、外食をすることが減りました。スーパーで買い物をする場合でも、成分表をチェックする癖がつきました。


 食品の選び方に興味がある方はこちら!


 これ以上の説明は必要ないですね。私たちは、化学調味料は一切使用しません。



創業42年で培った京都の昔ながらのお惣菜!

 京都祇園近辺で、創業42年の惣菜店をさせていただいています。場所柄、祇園老舗のお客様も多くご来店いただいております。


 舌の肥えたお客様の元、日々成長させていただいております。どんなにすばらしい野菜や調味料を使っていても、活かすも殺すも作り手次第です。


 素材の旨みを引き出しながら、野菜本来の味を楽しんでもらえるような調理を心がけております。創業42年で培った京都の惣菜の味をご堪能ください。


 八坂神社、清水寺、平安神宮など観光名所の近くですので、観光ついでにでもお気軽にご来店ください。



トップ スタッフ こだわりメニュー 他との違い 喜びの声 お店の行き方
オススメ生産者へ質問食品の選び方サイトマップリンク